(カンボジア)カンボジアのオスマン・ハッサン首相府相が2月11日、同国首都プノンペンから450キロほど離れたのポイペトで拘留されているマレーシア人47人と面談、マレーシア人が直面する苦境や困難な状況について聞き取った。  オスマン首相府相によれば、マレーシア人たちはシエムレアップの観光地のホテルでの仕事を提示され、カンボジアに来たが、カンボジア到着後にポスポートと携帯電話を取り上げられ、家族や友人と連絡をとれなくなってしまったという。  首相府相は、この件をフン・セン首相に諮り、一刻も早い解決を見出したいとの姿勢を打ち出した。 (2月12日ベルナマ通信)