マレーマン・ハリマオ  2018年8月9日号掲載

コラム  (前号から続く)時間があるよ。あわやッ、あわてず、泡の最後まで飲み干したくなる。メニュー攻略が出来てない。特典もあるようだが、まだ理解が未熟。丼だけどライスボールで「丼じゃない」と言い張るメニュー。ライスボールって不思議。これってアメリカンフットボール選手権?丸いおにぎり?の事でしょ?ジャーから注がれる「ドラフト(会議?)ビール」もある。8種類の生ビール。度数もそれぞれ違う。8つの英語ゴチャゴチャなので頭もごっちゃごちゃ。King Platter Maximum Experienceスゲぇ〜名前のRM38を注文。丼ご飯の上に目玉焼き、その上に3本の串焼きが乗っている驚きもの。ツマミとして「串揚げ」を注文。ミニトマトのベーコン巻きが美味しい。ここの壁にも書いてあったぞ。串焼きなのに「串焼きじゃない」と。丼なのに「丼じゃない」と。ロンステおじさんアタマワル、意味解せず。「すごいびる」・・  これって「すごいビール」のことでしょう。この店の紹介文に、オーストラリア産のワイプビール(ドイツの小麦ビール)ありとか、ショウガの香りの蘇格蘭のサイダーまであるとか。とにかくあまりに多くの楽しいビール、気分も世界旅行。日本で「ローン捨ててきた」「ロンステ」おじさんでした。あ〜ダジャレ多いぞ、酔ってきたかな。面白可笑し、楽し、のビール専門店パブの紹介でした。


写真
瓶ビールの場合、スタッフが注いでくれる

写真
ホップが輝き美味しいと、コクあり、旨いと感じる

写真
ビールの色がスペシャルだ。
見るからにコクありそう

写真
あわやッ、あわてず、泡の最後まで飲み干したくなる

写真
8種類の生ビール。
度数も種類もそれぞれ違う。
お客の好みでチョイス

写真
冷蔵庫には冷えたビール、棚に各国のビール陳列

写真
冷蔵庫には冷えたビール、棚に各国のビール陳列

写真
冷蔵庫には冷えたビール、棚に各国のビール陳列

写真
冷蔵庫には冷えたビール、棚に各国のビール陳列

写真
冷蔵庫には冷えたビール、棚に各国のビール陳列