K・K  2018年7月12日号掲載

コラム  マラッカ名物 “クエケリア”。サツマイモを蒸かして漉し、小麦粉とベーキングパウダーを混ぜて捏ね、小さなドーナツ状に成型して揚げ、グラマラッカのシロップに素早くくぐらせていただく、シンプルかつ最高に美味なスイーツです。どこか懐かしさの漂う日本人好みの菓子ですが、マラッカでは現在大ブーム。シンプルながらも材料の配分や、ちょっとした手間の違いで各店味が異なり、人気のお店は常に大行列。

 クエケリア大好きな記者。喜び勇んでその行列に並ぶことに!店頭には、まさに山のようにクエケリアが積まれています。ところが、みなさん購入数がハンパありません。5-6個などという人は皆無で、紙袋いっぱい購入していく人ばかり。いや〜な予感が的中し、並ぶこと30分後、自分まであと3名というところで売り切れ。スタッフさんが何もアナウンスしないので、補充されるとばかりに、並び続ける人々。記者の後ろにもずらりと列は続きます。

 ところが、待てど暮らせどクエケリアは補充されず、スタッフさんの姿も見えません。「?」と思い、キッチンを覗きに列を離れると、の〜んびり談笑しながら、芋を洗い、皮をむくスタッフさんの姿。「あとどのくらいでできますか?」と尋ねると、「できたら売り始める」と一言・・・。泣く泣くあきらめ、次回に持ち越しとなりました。次回こそ人気店のクエケリアをゲットしたい!


写真
評判のクエケリア。いただくのは次回に持ち越しとなりました~

写真
クエケリアを求めて行列に並ぶ人々