【参加者募集中!】ワインテイスティング会(マレー料理レストラン「Bijan」)

K・K  2018年4月12日号掲載


歴史的勝利を告げる得点ボード



 2016年11月以来、国際マッチで12試合連続負けを喫していたマレーシアサッカー代表チームが2018年4月1日、ブータンとの親善試合で、ついに勝利をつかみました!しかも、7-0の圧勝!これは、2012年4月に開催されたスリランカとの親善試合における6-0を上回る歴史的大勝利となりました。前後半を通して、常にボールを支配。一瞬、キーパーが上がりすぎてヒヤリとした場面もありましたが、全体を通して安定したパス回し、相手に隙を与えないサッカーでの試合運びとなりました。

 さて、特筆すべきはサポーターによる応援。ドラムの響き渡る、極めて統制のとれた彼らの応援は、見事の一言。相当な体力を要する一糸乱れぬ歌とダンスは、90分に渡り力強く続き、代表チームを鼓舞し続けました。その甲斐あっての大勝利!みなさん、お疲れ様でした!そして、おめでとうございます!




写真
ボールを競り合うマレーシア(黒のユニフォーム)とブータンの両チーム

写真
大勝利後、笑顔でフィールドを後にする選手たち