マレーマン・ハリマオ  2018年4月5日号掲載

コラム  ここは、ローカルホテルの隣に位置するプール付きアクティビティ付きの>レストラン。PJ Palmsスポーツセンター内にあるアフリカ料理のお店。

 主に欧米人達のプールサイドでのパーティなどケイタリングでもよく利用されるようだ。ランチメニューが無いのが残念。スープ、メインコース、ピザやステーキ等あるけどワニの肉とか出てくれば納得するけどアフリカ料理って何だろうと?未だに分からず。夜のパブレストランの方が主らしい。プールサイドや夜風が気持ちよく入って来るオープンエアー的店内、奥の冷房の効いた広いホールにありバーカウンンター専門部屋もある。デッカイ2本の象牙や現地の木の彫刻がアフリカ風を醸し出している。その”物産”でもある1枚の長〜い葉っぱで編み込んだ花は珍しい。でもマレーシアだってカンポンに行けば、似たようなオランアスリのクラフトがあるぞ。(次号に続く)


写真
スポーツセンターのプール横にあるレストランだ。入り口がそれっぽい

写真
冷房の効いた部屋。「アフリカ」はやっぱり夜風がいいんだが

写真
プールサイドや夜風が気持ちよく入って来るオープンエアー的店内

写真
別室で「バー専門」の部屋がある

写真
ここトイレ。現地語で女性トイレを「AMAFAZI」、男性用は「AMADODA」

写真
メニューの表紙からも「太鼓の音」が聞こえてきそうだ

写真
壁に掛かった、お祈り、お祭り用の敷物やお面な

写真
店内の装飾品。長~い葉で縦型に編み込んだ枯れた葉っぱの花は珍しい