Mitsuyuki Horii  2018年3月29日号掲載

ピックアップ  2018年2月28日午後、国内トップの民間医療機関の一つであるサンウェイメディカルセンターが日本人向けヘルストークを開催しました。約57名の皆さんが参加されたヘルストークのテーマは「心臓発作と心臓疾患」です。講演者はサンウェイメディカルセンターの循環器内科医であるヤップ・イーグアン(Dato Dr Yap Yee Guan)先生でした。

 今回のヘルストークの主な目的は心臓発作とよく見られる心臓疾患への一般の皆さんの認知度を高めることです。この話題について詳しく解説して下さったヤップ先生は更に、突然の心臓発作などのリスクに備えるためにも、常に救急車の呼び出し電話番号を控えておくことの重要性を強調しました。

 心臓発作の症状や対応などについても詳しく説明してくださいました。お話の要旨を紹介しますので、ヘルストークに参加出来なかった方も参考にしてください。

 「心臓発作では、一般的に胸の痛みが15分間以上にわたって続きます。しかし、何の症状も現れない場合もあります。大切なのは胸の痛み以外の症状が出る場合があると知っておくことです。例えば、消化不良、首やアゴの痛みなどです。あなたやそばにいる方が胸の不快感など心臓発作が疑われる症状があったら、すぐに救急車を呼んで、ください」。

 「向かう先の病院はバルーン血管形成術(balloon angioplasty)や血管形成術(Angioplasty)の経皮的腔内血管形成術(percutaneous transluminal angioplasty、PTA)の施術が可能なところを選んで下さい。この2つの施術は狭くなったり詰まってしまった冠状動脈などの心臓の血管を広げる施術を最低限の外科手術で施術します。もちろん、サンウェイメディカルセンターは心臓疾患に関しても最新の治療機器を完備しています。万一の場合にも安心してください。緊急の場合でも、私たちが最善の治療と処置を皆さんに提供いたします」。


Sunway Medical Centre
No.5 Jalan Lagoon Selatan, Bandar Sunway, 47500, Selangor
03-7491 9191、03-7494 1098(国際患者さまセンター)
www.sunwaymedical.com




写真
サンウェイメディカルセンターのヤップ・イーグアン先生が心臓発作や心臓疾患について解説して下さいました

写真
たくさんの当地在住の日本人の皆さんがヘルストークに参加されました