マレーマン・ハリマオ  2018年3月22日号掲載

コラム  数少ない「ネパール料理店」に行って来た。高級ネパール料理レストランは探せばあるだろうけど、一般的に、インド系飲食店にメニュー内容が含まれてしまう事が多いから純粋なネパール料理店は中々ない。ここは小さな店舗ながら庶民的で人気らしい。

 名を「MOMO KING」(Jalan Tunku Putra, Sunway Palazzio, 50480 KL)と言う。モモというと日本語の「もも」を想定しちゃうけど違う。MOMOとは、ネパールの(蒸し)餃子の事。ここでは焼きモモ、蒸しモモ、揚げモモと3種類あり。モモンガも、モモのモノ・・?

 「モモ」はテーブルが店頭に3〜4台。席数は狭い店頭ゆえ16ぐらい。この通りだけ、かなりスペースを制約された店舗が並んでいる。

 Thukpa(トゥクパ)チベット生まれのネパール風とろっとした五目麺。麺がスパゲティと同じ食感だった。野菜たっぷり、一見トマトスープ的。

 鶏肉と野菜の赤いスープ煮があるが、材料はチキン、タマネギの他、カットトマト、味付はカイエンヌペッパー、ガラムマサラ、クミン、コリアンダー、ターメリックで。インド系よりも辛くなく、親しみやすい味となっている。

 ただ個人的には、もう少しパンチのある味が欲しいなと願う。Chowmienチャウ麺という「ネパール風焼きそば」もある。ヒマラヤン・ヌードルのWai wai soup、ワイワイって日本語みたいだ。麺のコシが欲しいな。ロンステおじさんはコシとパンチ、ボディブローでも平気なのじゃ。

 「ダルバートタルカリ」というカレーセットご飯がある。「ダル=豆」「バート=飯」「タルカリ=付け合わせのおかず」らしい。インド料理のあの豆料理とご飯セットのステンレスお盆を思い出す。お隣の国ゆえ、その影響が強いみたいだ。

 Samosa・・サモサ。大きな三角の揚げ雲吞風もある。モモに付いてくるタレは、豆板醤みたいな辛いタレと粒マスタードみたいな変形もの。モモは、具沢山のモチモチしたモモ「餃子」だ。

 バターチキンライス。これは美味しかった。どこか、パンプキンの味を思わせる。辛くなく、ロンステおじさんには優しい味で気に入った。サンウェイ・プトラの4階のフードコートにある「モモ」、営業:無休。毎日10時から22時まで。


写真
PWTCの近くにあるサンウェイプトラモールは確か以前は「ザ・モール」。久しぶりでその変貌にビックリした

写真
「モモ」はテーブルが少なく、席数も少ない

写真
Thukpa(トゥクパ)チベット生まれのネパール風とろっとした五目麺。

写真
個人的には、もう少しパンチのある味が欲しいなと願う

写真
ヒマラヤンヌードルのWai wai soup。ワイワイって日本語みたい

写真
Samosa・・サモサ。大きな三角の揚げ雲吞風もある

写真
具沢山でタレは、豆板醤みたいな辛いタレと粒マスタードらしき。モモは、具沢山のモチモチしたモモ「餃子」だ

写真
バターチキンライス。どこか、パンプキンの味。辛くなく、ロンステおじさんには優しい味