マレーマン・ハリマオ  2018年1月18日号掲載

コラム  KL市内プドゥ(PUDU)は刑務所のあったところで有名、今ではこの地域、綺麗に改修され、名所にもなりそう。有名なJalanプドゥ通りを一歩、中に入ると、そこはローカルの息吹が息づいているところ。今日の舞台は「ホテル・プドゥプラザ(HOTEL PUDU PLAZA)」の中にあるスチームボート店「JC Mini Steamboat 」=「海鮮船」=(LC.6, Ground Floor, Pudu Plaza, Jalan Landak, Pudu)という日本語らしき中国風マレーシアのスチームボート店。メニューの表紙が「海鮮船」、う〜ん、日本食のお店かと間違っちゃう? マレーシアの有名料理、レッキとしたスチームボートの店でした。店頭には大きな船のテーブルがあり、その横はカウンター式の客席になっている。

 客席には1人づつのコンロと鍋が用意してあり、気兼ねなく食べられる。セットの調味料は、他のスチームボート店より多いかも。

 メニューは超安く、ロンステおじさんには財布に優しいお店!10リンギで食べられる。海鮮船セットがRM10、特選船がRM15、素食船がRM10、凄いのは「学生船」ってのがRM7。だから中学生も学校帰りに友達と来れるのか。マレーシアは、学校帰り、その辺”ゆるい”みたいだ。

 追加や、セットを注文しない場合は、この大きな冷蔵庫から好きな具を好きなだけ自由に持っていける。回るカウンター寿司のように皿も色分けされているので、後のお勘定の時にお店の人も楽で合理的。

 学生にも、お金のないロンステおじさんにも優しいローカル風マレーシアのスチームボートの巻でした。


写真
「海鮮船」が入居しているプラザ

写真
メニューの表紙が「海鮮船」

写真
大きな船のテーブルは、周りがカウンター式の客席になっている

写真
各席には1人づつのコンロと鍋が用意してあり、気兼ねなく食べられる

写真
スチームボート

写真
最後は、好きな「伊麺と卵」で〆る