M・H  2017年10月19日号掲載

 

1億3000万年前の貴重な熱帯雨林に触れましょう
豊かな森と大自然に囲まれた、エコフレンドリーなリゾートです

写真  ペラ州の北端に位置し、1億3000年前からの貴重な熱帯雨林を有する自然保護区Royal Belum State Park。その南端に接する美しい湖「Lake Temenggor」に浮かぶBanding Island島にリゾートホテル「Belum Rainforest Resort Malaysia」はあります。環境保護を重視し、環境負荷軽減を目指すというエコフレンドリーなコンセプトを掲げています。

 ホテルの客室数は106室のみ。豊かな森の只中にあり、野鳥の鳴き声の中で朝食をとり、夜は熱帯雨林の珍しいカエルたちの鳴き声に耳を傾けながら、くつろぎの時を過ごせます。そして島内を散歩するだけでも気軽に熱帯雨林の生き物、花や植物に触れることができます。

 ホテルのジェネラルマネージャーであるWan Azhar Wan Hamizan氏は、「ホテルそのものが1億3000年前からの熱帯雨林に囲まれています。ゲストの豊かな大自然への入り口になれるよう心がけています」と語ります。

 そしてホテルの7割のスタッフが地元出身。「故郷の貴重な自然を誇りに思っているスタッフが親身でフレンドリーにおもてなしします。心からの温かな歓迎は世界中の高級リゾートでも味わうことはできません」とWan Azhar 氏はスタッフのホスピタリティに自信を覗かせます。

ホテルから熱帯雨林への旅にでましょう
 ホテルは熱帯雨林への旅の出発点にもなります。トレッキングツアーに参加できますし、ハウスボートによるリバークルーズなら年齢や体力に関係なく、熱帯雨林の植物やホーンビルなどの珍しい鳥たちを観察できます。ハウスボートで接岸して、十数分のトレッキングで美しい滝やオラン・アスリの村に出かけることもできます。

新たな試み ボランティアツーリズム
 Belum Rainforest Resort Malaysiaはゲストに環境保護の重要性をアピールするため、ボランティアツーリズムという新しい試みを来年からスタートさせます。このプロジェクトでゲストは、熱帯雨林に住む先住民オラン・アスリの村を訪れ様々な環境保護の活動に参加できます。

熱帯雨林を理解し大切にしてください
 島には、熱帯雨林の調査と環境保全に努力している研究所「Pulau Banding RainForest Research Centre」があります。ホテルのゲストも気軽に訪れ熱帯雨林について学べます。研究所のAhmad Najmi bin Nik Hassan氏は「ロイヤル・ブルムはシンガポールの4倍の大きさですし、熱帯雨林の踏査はとても困難です。植物や動物の新種がまだまだ見つかるでしょう。調査と保全に今後も努力しなければなりません」と語ります。
 Wan Azhar氏も、「皆さんサバやサラワクにしかホーンビルはいないと思っています。しかし、ここではマレーシアに生息する10種類のホーンビル全てを観察できます。とても貴重なこの熱帯雨林をより多くの人々に紹介し、同時に環境保護に努める。これが私たちの目標であり課題です」とロイヤル・ブルムの大切さを強調します。

 皆さんも豊かな大自然の中でのリゾートライフを満喫し、貴重な熱帯雨林に自分自身で触れてみてはいかがでしょう。

 


住所
Pulau Banding, 33200 Gerik, Perak

電話
05-791 6800

ウェブサイト
belumrainforestresort.com

 




写真
1億3000万年前からの熱帯雨林が眼前に広がります

写真
10種類のホーンビルが棲息しています

写真
ゲストルームそのものが森に包まれています

写真
ハウスボートのリバークルーズなら気軽に熱帯雨林に出かけられます

写真
貴重な熱帯雨林のトレッキングに出かけましょう

写真
室内では高級リゾートのホスピタリティを堪能できます

写真
熱帯雨林は神秘と驚きに満ちていますと語るアフマドさん(右)

写真
GMのワン・アズハル氏と地元出身スタッフが暖かく出迎えてくれます

 




記事