1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
 



Mitsuyuki Horii 2017年3月30日号掲載

 

EPSOM在校生がケンブリッジ国際検定で好成績

写真  EPSOM在校生がケンブリッジ国際検定(CIE:Cambridge International Examinations)にて傑出した成績をおさめ、OUTSTANDING CAMBRIDGE LEARNER AWARDSを授与されました。

 2016年11月実施の試験で、11歳のAnna-Mayumi IijimaさんはCIEを受験したマレーシアの中でも特に傑出した学生の一人であると認められました。Annaさんは特に、ケンブリッジIGCSEの外国語(日本語)に於ける実績が高く評価され、OUTSTANDING CAMBRIDGE LEARNER AWARDS授与という栄誉を達成しました。

 




写真
Anna-Mayumi Iijimaさん

 




記事



Mitsuyuki Horii 2015年1月1日号掲載

 

英国伝統の全寮制学校を当地に紹介
Epsomマレーシアが正式に開校

写真  2014年12月1日、英国伝統の全寮制学校の教育システムに基づくEpsom College in Malaysia (ECiM)が正式に開校した。

 159年の歴史を持つEpsom Collegeの海外初となる50エーカーの広さを誇るキャンパスの開校式には、キャンパスが位置するネグリスンビラン州のスルタン・トゥアンク・ムナウィル(Tuanku Muhriz ibni Almarhum Tuanku Munawir)王の長子である トゥンク・アリ(Tunku Ali Redhauddin Ibni Tuanku Muhriz)閣下と次子である トゥンク・ザイン(Tunku Zain Al’Abidin Ibni Tuanku Muhriz)閣下が来臨された。さらに式典にはマレーシア訪問中のロンドン市長ボリス・ジョンソン氏、理事長を務めるエアアジアのトニー・フェルナンデス氏、P・カマラナサン第2副教育相らも出席した。 

 自身もEpsom Collegeの卒業生であるトニー・フェルナンデス氏は式典で、全寮制の英国式教育システムであるボーディングスクールをマレーシアに紹介できる日を待ち望んでいたと次のように挨拶した。「長い間の夢がかなった気持ちだ。英国の最高峰の教育システムが玄関口までやってきたのだ。本日の成果はEpsom Collegeとマレーシア国内教育だけでなくアジア域内の父兄とも分かちあうべきものだ」と力強く語った。

 こちらも非常に高名な英国のボーディングスクールであるEton Collegeの卒業生であるボリス・ジョンソン氏も、英国最高峰の教育機関であるEpsom College初の海外キャンパスがマレーシアに開校されたことを本当に嬉しく思うと挨拶した。

 2014年9月に入学生の受け入れを始めたEpsom College in Malaysia は既にアジア域内各国でインターナショナルスクールに子女を通わせる考えを持つ両親の強い関心を集めている。Epsom College in Malaysia では現在、様々な国籍の3歳から18歳までの子どもたち150人余りが共に学び、2015年1月には全校生徒数が約180人に増える見込みだ。

 




写真
記念の飾り額に署名するボリス・ジョンソン氏(右)とトゥンク・アリ閣下(左)

写真
式典にはキャンパスで学ぶ世界各国の子どもたちも出席した

写真
ECiM特製ジャージを贈呈された(左から)トニー・フェルナンデス氏、
トゥンク・アリ閣下、ボリス・ジョンソン氏

写真
Epsom Collegeマレーシアキャンパスの開校は夢のようだと語るフェルナンデス氏

写真
Epsom College in Malaysiaの構内を参観するボリス・ジョンソン氏(中央)

写真

 




記事



Mika Yatsuchi 2014年9月25日号掲載

 

英国の名門エプソム・カレッジ
マレーシア校がついに開校

写真  エプソム・カレッジ(Epsom College)は、イギリスで150年以上にわたる歴史をもつ名門私立校です。今年9月、海外における初の姉妹校がマレーシアのバンダー・エンステ(Bandar Enstek)に開校しました。エプソム・カレッジ・マレーシア(ECiM)では、ケンブリッジ国際検定(CIE)に基づき、3歳から18歳までの子どもを対象に、英国式教育が行われます。また、敷地内にはシニアスクール生(7年生以上:11歳以上)が入寮できる寮が完備されています。

歴史
 エプソム・カレッジは、名門大学オックスフォード大学やイートンカレッジ同様に、英国国内において歴史と権威のある名門校として知られています。1855年に設立されて以来、優れた教育を行い、多くの優秀な生徒たちを輩出してきました。その実績は、国内はもとより国外でも高い評価を得ています。

教育方針
 英国カリキュラムにそった授業が行われます。教育に携わる教師陣は、必要な資格や、豊富な教員経験を持ったエキスパートたち。シニアスクールの場合はひとクラス最大24名、プレップスクールや保育園は16~22名ほどのクラス構成となります。
 同校では、学業や課外活動などを通して生徒一人一人の個性を最大限に引き出すことを大切にしています。常に結果だけではなく、それまでに努力した過程の両方を重視して評価します。また学業、文化活動(演劇、音楽、ダンス、アート)、スポーツなどに取り組みながら、生徒自身の自発的な向上心を育成します。
 シニアスクールのマイク・オリバー校長は、「我が校は、学業だけに力を入れた私立校ではありません。私たちは、生徒たちが将来国際社会で活躍する上で必要な道徳心や忍耐力、リーダーシップ、そして互いに協力し理解する力を身につけられるよう、多方面から教育していきます」と、同校の教育方針について語る。

主な施設
Wi-Fiが完備された80室の教室
650席の劇場
レコーディングスタジオ
リサイタルホール
スポーツセンター
サッカー、クリケット、ラグビー、テニス、スカッシュ用コートなど
学生寮
*7年生(シニアスクール生)より学生寮に入ることができます。最大90%のシニア学生が入寮できるよう学年別に応じて男女各7棟、計14棟の寮が設けられています。
○7年生、8年生対象学生寮(男子寮2棟、女子寮2棟)
○9年生~13年生対象シニア寮(男子寮5棟、女子寮5棟)

 




写真
校舎

写真
学生寮

写真

写真

写真

写真

 




記事



Mika Yatsuchi 2014年7月10日号掲載

 

英国の名門エプソム・カレッジ
マレーシア校が9月に開校

写真  エプソム・カレッジ(Epsom College)は、イギリスで150年以上にわたる歴史を持つ名門私立校です。今年9月、海外における初の姉妹校がマレーシアのバンダー・エンステ(Bandar Enstek)に開校します。エプソム・カレッジ・マレーシア(ECiM)では、ケンブリッジ国際検定(CIE)に基づき、3歳から18歳までの子どもを対象にした英国式教育が行われます。また、敷地内にはシニアスクール生(7年生以上:11歳以上)が入寮できる英国流の寮が完備されています。

 教育に携わる教師陣は、英国カリキュラムにそった授業を行うために必要な資格や、豊富な教員経験を持ったエキスパートたち。シニアスクールの場合はひとクラス最大24名、プレップスクールや保育園は16~22名ほどのクラス構成となっています。

教育方針
 同校では、学業や課外活動などを通して生徒一人一人の個性を最大限に引き出すことを大切にしています。常に結果だけではなく、それまでに努力した過程の両方を重視して評価します。また学業、文化活動(演劇、音楽、ダンス、アート)、スポーツなどに取り組みながら、生徒自身の自発的な向上心を育成します。生徒たちは、広範囲にわたる優れた教育課程を通して、将来国際社会で活躍する上で必要な道徳心や忍耐力、リーダーシップ、そして互いに協力し理解する力を養います。

キャンパス&学生寮
 新設されるキャンパスは、市内から約50キロ南、KLIAから10分の場所にあります。およそ50エーカーを誇る敷地内には、近代的な学習環境が整ったキャンパスとシニアスクール生を対象とした学生寮が設けられています。

キャンパス内の主な施設
○Wi-Fiが完備された80室の教室
○650席の劇場
○レコーディングスタジオ
○リサイタルホール
○スポーツセンター
○サッカー、クリケット、ラグビー、テニス、スカッシュ用コートなど

学生寮
 7年生(シニアスクール生)より学生寮に入ることができます。最大90%のシニア学生が入寮できるよう学年別に応じて男女各7棟、計14棟の寮が設けられています。
○7年生、8年生対象学生寮(男子寮2棟、女子寮2棟)
○9年生~13年生対象シニア寮(男子寮5棟、女子寮5棟)

 




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真
学生寮

 




記事



 


住所
Persiaran Kolej, 71760 Bandar Enstek, Negeri Sembilan

電話
06-240 4188

メール
enquiries@epsomcollege.edu.my

ウェブサイト
www.epsomcollege.edu.my