K・K  2016年9月15日号掲載

 

KLの隠れ家レストラン

写真  KL中心部のとある一画。アンティーク&モダンが融合するレストラン“Table23”は、街の風景に溶け込む隠れ家のように佇んでいます。

 自然に足の赴くお洒落なこちらのカフェでは、ローカルフード、ウェスタンフードとともに、“KL一美味しいのでは!?”と思えるベトナム料理をいただくことができます。本日は、こちらのベトナム料理2品をご紹介しましょう。

グリル・チキン・バーミセリ
 こだわりのタイの細麺(米粉)とともに、レモングラス、塩・胡椒でシンプルに下味が施され、「外はカリッ、中はふんわり」グリルされたチキン、人参、レタス、もやし、コリアンダー、ミント、ピーナッツが色鮮やかにプレートを彩るこちらのメニュー。ソースを回しかけ、ざっくりと混ぜ合わせていただきます。
 一切甘味のないソースが何よりもサプライズ!すっきりした味わいのベトナムナンプラー、チリ、ガーリックから作られるシンプルなソースは、フレッシュで香り高い野菜やグリルチキンにぴったりマッチ。砂糖などの甘味料は使われていないにもかかわらず、口の中にほどよく広がる甘味は野菜から!どの素材が一つ欠けても、このパーフェクトな味わいは醸し出されないでしょう。上品で爽やか、甘くなく繊細なこちらの一品は、まるで新鮮でヘルシーなサラダを食べているかのよう。 明らかにベトナム料理でありながら、まるで日本食を食べているような錯覚を覚える素材を生かした見事な逸品です。

フォー
 新鮮なサーロインビーフのスライス、その下に垣間見える牛塊が目を惹くこちらの品は、“BEEF LOVER”垂涎の一品です。奥深い味わいのスープはなんと、シナモン、人参、牛塊、牛骨、にんにく、玉ねぎ、黒胡椒、八角(少々)を8時間煮込み、一晩寝かせ、さらに2時間煮込んで完成させるという、手間暇をかけた渾身の作。
 さて、薬味の野菜を次の順に入れることが食べ方のコツとのこと。
1. もやし⇨2. スライス玉ねぎ⇨3. ミント(ちぎりながら)⇨4. バジル(ちぎりながら)⇨5. ライム(きゅっとしぼります)⇨6. チリソースはお好みで
 ゆで加減抜群のフォーと薬味をざっくりとまぜ、いただきます!
 一口頬張った瞬間、「美味しい~~~♪」。すべての素材が絶妙にマッチ。ミントやバジルといった強いハーブが、ビーフの旨みがたっぷり抽出されたスープとピタリと合ってすっきり爽やか!スライスサーロインは熱いスープの中でほどよく火が通り、たっぷり煮込まれた味の染み込んだ牛塊はほろりと柔らか。ボリューム満点ながら、さくさくといただけます。KL一美味しいのでは!?と大感激する見事な品です。フォー好きのみなさん、必ず一度お試しください!記者は、煮込んだビーフにハーブをくるみながら食べた時の幸せ感が忘れられません♪ 

 上記の2品は、ベトナミーズ・ドリップコーヒーまたはバーリィ(大麦ドリンク)とのセットメニューです。ミドルにローストされた味わい深く香り豊かなベトナミーズ・コーヒーも、ぜひお試しください。

 *上記のメニューは、営業時間中はいつでもお楽しみいただくことができます。
 *そのほか、ランチタイムはローカル・マレーシアン、ディナータイムはウェスタンフードをお召し上がりいただけます。

 


住所
23, Jalan Mesui 50200 KL

電話
03-2141 0023

Eメール
contact@table23.com.my

ウェブサイト
www.table23.com.my

 




写真
こちらのグリル・チキン・バーミセリに

写真
ソースを回しかけ

写真
ざっくり混ぜ合わせます

写真
ビーフが魅力のフォー

写真
こちらの薬味を順にのせます

写真
まずはもやし、

写真
次に玉ねぎ

写真
ハーブを散らし、

写真
ライムを絞りざっくり混ぜ合わせます♪

写真
ベトナミーズコーヒーをドリップ中

写真
ドリップされたコーヒーを混ぜると

写真
カップ底のミルクと混ざり完成です

写真
店内

写真
店内

写真
店内

写真
看板

 




記事



Mika Yatsuchi 2014年4月10日号掲載

 

美味しいものを囲んで、気の合う仲間と盛り上がろう
『昼はローカル、夜はウェスタンで決まり!』

写真 『Table 23(テーブル23)』は、ブキ・ビンタンの一角、ジャラン・メスイにある。 美味しいものを、気の合う仲間と囲みながら楽しめる、カジュアルなレストラン&バー。ランチタイムは、ナシレマやカレーラクサ、クイティアウなどのローカル料理がセットメニューになって登場。ディナータイムには、メニューががらっと変わって、お洒落なウェスタン料理が並ぶ。

 今回は、ディナーメニューの中から、同店おすすめのメイン2品と、スイーツ2品をご紹介。まずは、ワインにとってもよく合う「牛ほほ肉の煮込み パルマンティエ・ポテト チェリートマト ズッキーニのソテー添え」。豪州産牛ほほ肉を生姜やセロリといった香味野菜と、人参、玉ねぎなど数種類の野菜と一緒に、弱火でコトコトとおよそ5時間ほど煮込む。こうすることで、肉の臭みを取り除き、肉質も格段と柔らかく仕上がる。肉を煮込むときにとれたストックをもとに、ソースを作る。

 ナイフを入れると切るまでもなく、ほろほろっと肉が簡単にほぐれ、その柔らかさは格別。濃厚なソースは、肉のうま味を一層引き立てる。なんとも贅沢なひと皿に、うっとり。

 続いて、デザートはちょっと変わった「パブロバ(Pavlova)」を試してみてほしい。一見スポンジケーキのように見えるが、実は卵白から作られているメレンゲケーキ。ホイップクリームとフルーツを一緒に口の中に入れると、一瞬にしてしゅわしゅわと溶けてなくなる。まさに「空気を食べている」ような感覚。メレンゲ部分は程よい甘さがあり、果物の酸味と甘さをおさえたクリームのバランスが絶妙で、意外にぺろっと食べられる。

プチ・インフォ

■4月の限定プロモーション 『セクレタリーズ・デー』
4月23日(水)は、「セクレタリーズ・デー」。これにちなんでプロモーションを実施。秘書業務に携わる人は、嬉しい特典をゲットできる。
・実施日:4月23日(水)
・内容:メインコースメニューを注文すると、デザート付きに!
※名刺をスタッフに見せてください。基本的に秘書業務に携わる人が対象となっています。

■お得なセットランチ
豊富なメニューから選べて、かつお得感もあり!
○ローカルセットランチ(全10種類)+ドリンク RM14.90++
○ウェスタンランチセット(全4種類)+ドリング RM18.90++
(※ドリンクは5種類または炭酸飲料からチョイス)

■金曜の夜はライブで盛り上がろう!
毎週金曜日の午後9時30分より店内でミニライブを開催。3~4組のミュージシャンが登場し、店内を盛り上げる。

 




写真
牛ほほ肉の煮込み

写真
サーモンのパンフライ・ドライトマトソース・ルッコラ添え

写真
チョコレート・ギネス・ケーキ

写真
パブロバ

写真
店内

写真
店内

写真
外観