K・K 2018年8月23日号掲載

日本からマレーシアへのお土産にぴったり!
〜ハラル・スイーツのご紹介〜

ピックアップ  日本では急ピッチでムスリムフレンドリー化が進められ、レストランなどの飲食店の充実は目を見張ります。一方、ムスリム旅行者のみなさまが安心して購入できるお土産店の充実は、まだまだ途上段階といったところ。「日本に帰国した際、マレーシアのムスリムの友人たちへのお土産に美味しいものをお届けしたいのだけど、探すのがとっても困難」、「ビジネスの取引先へのお土産に、『これは美味しい』とお勧めできるハラル対応用菓子がなかなか見当たらない」という声も頻繁に聞かれます。そこで朗報です。この度、ムスリムおもてなしセンターさまから“安心してお届けできる美味しいスイーツ”をご紹介いただきました。ぜひご参考ください♪

誰もが「美味しい!」と感激するハラル・スイーツ
 贈り物をする際は、先方のみなさまの喜ぶ顔がみたいもの。であれば「絶対に美味しい」と確信のもてる品を持参したいですよね。今回ご紹介するのは、「自信を持って持参できる」スイーツ3種です。

プレミアム ラングドシャ
 フランス語で「猫の舌」を意味する“ラングドシャ”。当然のことながらフランス由来の菓子ではありますが、今では日本を代表する洋菓子の一つとして各国で知られるほどになっています。「ラングドシャのハラル対応版があるとよいのに」とどれほど願ってきたことでしょう。その期待に応え、日本産の美味しさを保ったまま原材料を変更してお目見えしたのがこちら“プレミアム ラングドシャ”(発売元:シェフティ・インターナショナル株式会社)です。

抹茶バウムクーヘン
 「年輪」という言葉とともに、子どもの頃にその名を心に刻んだスイーツ“バウムクーヘン”。「一人で1個すべて食べてしまいたい!」という秘かな野望を持ったことがあるのは、記者だけではないはず・・・。大人から子どもまで、その心を癒すバウムクーヘンが、抹茶フレーバーのムスリムフレンドリースイーツ“抹茶バウムクーヘン” (発売元:シェフティ・インターナショナル株式会社)として誕生しました。

コインチョコレート
 チョコレート好きのマレーシアのみなさんに、美味しい日本のチョコをお届けしたい方にぴったりのこちらは、ハラルコインチョコ(製造:ロック製菓株式会社)。富士山や桜、歌舞伎の隈取などが描かれ、お土産要素も満載です。

 「上記の商品は、週1回、HALAL麺亭「成田屋」浅草本店の前で試食販売をしています。マレーシアの方を含めて旅行者の皆さんが、口に入れた瞬間、表情が「おいしい!」と明らかに変わるので、拝見していて大変楽しいです」と語るのは、ムスリムおもてなしセンター代表の中川圭吾氏。「現在、ムスリム旅行者のみなさまが安心して購入可能な土産店舗数拡大に向けて尽力しています。販路拡大が図られれば、各メーカーさまも、ハラル商品の開発に力を入れてくれると期待が持てますので。同時に、オンラインショッピングの強化、お土産販売場所の発信にも努めてまいります。『ムスリムの方々への日本土産はコレ!』と定番になるような商品開発にも携わっていきたいですね」。




写真
プレミアム ラングドシャ

写真
プレミアム ラングドシャ

写真
抹茶バウムクーヘン

写真
抹茶バウムクーヘン

写真
コインチョコレート

写真
コインチョコレート

写真
コインチョコレート

写真
ムスリムおもてなしセンター代表 中川圭吾氏(高知県生姜畑にて)

 




K・K 2016年2月25日号掲載

ムスリムに大人気の侍ラーメン
マレーシアに初登場!

ピックアップ  鹿児島の食品企画会社「ラジーゼン食文化研究所」が開発・販売する“侍ラーメン”が、今、日本におけるムスリムのみなさんの間で大人気。2014年の発売開始以来、SNSを中心に話題を集め、シンガポールやインドネシアからもネットを通じて注文が届くとのこと。

 1箱2食入りのこちらの商品、秀吉の黄金の茶室をイメージした金色のパッケージ、二刀流をイメージした箸袋(2膳入り)など、実にインパクト大! 友人へのプレゼントとして喜ばれることはもちろん、どなたでも「新しいラーメン」としてお楽しみいただくことができる品です。こちらの商品の取扱いがfan japan(三井アウトレットパークJAPAN AVENUE内)で始まりました! また、店内のカフェでもお楽しみいただけます。みなさまお誘い合わせの上、ぜひ一度お試しください。

*侍ラーメンの詳細はこちら。必見の面白いサイトですよ~♪http://samurai-ramen.jp/


写真
侍ラーメン

写真