1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
K・K  2016年2月25日号掲載

ピックアップ  麺屋のメニューに老鼠粉なるものを見かける。文字を見ると「・・・」となり、つい注文をためらってしまう。ある日「うちのシグニチャーメニューを一度は試してください」と勧められ、恐る恐るトライしてみた。

 写真のように、アツアツのクレイポットに入っており、見た目はジャージャー麺のようだ。食してみると、その旨さに「うおぉぉっ!」と驚く。まず麺はモチモチとした手打ちの讃岐うどんのよう。甘めの肉のあんかけがうまく絡んで絶妙の味わい。老鼠粉とは米粉を練って伸ばした短めの麺を指し、まな板の上で手延べすると両端が鼠の尻尾のように見えることから名付けられたという。名前に怖気づいて注文をためらっていたら損をしてしまう、旨いメニューだ。




写真
老鼠粉

2016年2月25日号掲載