K・K  2016年2月18日号掲載

ピックアップ  暑さが日増しに厳しくなってきたこの季節、子どもたちの遊び場探しに苦労するところです。しかし、マレーシアでは子どもたちが思い切り楽しめる屋内のお遊びジムが数多くあるのをご存知ですか?ショッピングモール内にある施設や、ジャンプ・ストリート(トランポリン専門施設)のように単独施設などなど。今回は、今、KL近郊の親子連れに大人気の南国の雰囲気あふれるお遊びスペース、“ジャングルジム”を訪れてみました。

表からは想像できない広さです
 訪れた日が日曜日ということもあり、入口は多くの親子連れでいっぱい。「これでは子どもたちが思い切り遊べないのでは?」という心配は杞憂に終わりました。一番人気の大きな滑り台でさえ、子どもたちは何度も何度も難なくトライでき、各アスレチックエリアでも思う存分遊べます。とにかく中が広く、遊具が盛り沢山。「お友達が多くて目当ての遊具で遊べなかった」ということはなさそうです。

小さな子どもと大きな子どもが共に楽しめる工夫
 「うちの子どもはまだ2歳なので」、「もう少し大きくならないと・・・・」という心配は無用です。小さなお子様が楽しめるエリアと大きなお子様が走り回るエリアがソフトに共存しています。小さなお子様はお兄ちゃんやお姉ちゃんが隣のエリアで元気よく遊びまわるのを見ながら、大興奮して自分のテリトリーで楽しく遊ぶといった具合です。数多くのスタッフの方々の目も行き届き、やんちゃなお兄ちゃんたちをビシっと叱っている場面も見受けられました。

子どもは楽しく大人ものんびり
 「この施設は、大人が子どもたちをのんびり待っていられるスペースが沢山あってありがたいです」と答えてくれたのは、遊具の間に設置された椅子に腰かけながら子どもたちを見守っていたお父さん。カフェ・エリア、お誕生日パーティも開ける充分な広さの多目的スペース、スナックエリア、遊び疲れたお子様がほっと一息つけるスペースなどが設けられており、子どもは思い切り楽しく、大人も無理なく心地よく過ごせる工夫が施されています。

大人にも子どもにも支持される理由とは?
 KL近郊にある数多くのお遊びジムを子どもと一緒に訪れた上で、この施設がお気に入りだとおっしゃるご家族に話を伺いました。「とにかく子どもが大喜びで走り回れるスペースがあること、子どもが思う存分アスレティックで汗を流せるというところが第一の魅力です。飲食用スペースだけではなく、子どもが遊んでいるところを、座って見守ることができるというのもありがたいですね。立ったまま何時間も子どもについて回るのは、正直なところ大変ですから」。あるお母さまは、「ダンスやお絵かきなど、コミュニティー・ラーニング系が好きなお子様は、別のジムがよいかもしれませんね。こちらは思い切り遊んでストレス発散させる場所としてはとってもよいのではないでしょうか」と、語っておられました。

 さて、数多くのジムを訪れているというお子さんたちに感想を尋ねてみたところ、「ジャングルジムと他のジムとどっちが好きか?えっとね・・・・全部好き!全部また行きたい!」とのことでした。子ども目線では、どの施設も大いに魅力があるようです♪

*今回訪れたジャングルジムはアトリア店です。(他、バンサー店あり。規模、お遊びスペースの内容は店舗によって異なります)


場所
Lot S18 & 18A, Level 2, Atria Shopping Gallery, Jalan SS22/23, Damansara Jaya, 47400 PJ

時間
10:00-21:00

入場料
平日:2歳未満RM25、2歳以上RM48、付き添いRM5
休日:2歳未満RM35、2歳以上RM58、付き添いRM5

詳細
www.junglegym.my




写真
ジャングルジム入口

写真
ジャンボ・スライダーは子どもたちに大人気

写真
ローラースライダー

写真
もらった風船をしっかり握ってトランポリンで遊ぶ小さな男の子♪

写真
ボールのプールで子供たちは大はしゃぎ

写真
グルグル回るスイング、お兄ちゃんやお姉ちゃんが楽しんでいました

写真
ここは迷路。奥のカフェに行きたいのに抜け出せません・・・

写真
迷路の中の大きなボール。このボールを子供たちはなぜか迷路内の至る所に持ち運びます・・・

写真
小さいお子様用スペース

写真
プール!と思ったらウオーターベッドでした

写真
こんな小さなお子様も楽しそうです

写真
お食事スペース

写真
ちょっと一息スペース

写真
軽食を買えるスナックバー

写真
お父さんはこんな感じで子どもたちを待っています・・・