1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
K・K  2015年10月29日号掲載

ピックアップ  東海岸では、5月から9月のウミガメの産卵シーズンと言われている。よって、いつでも産卵シーンに遭遇することができるわけではない。シーズン中であっても、前日に10頭以上の上陸が確認されていたからといって、翌日は1頭の上陸も見受けられないこともある。実際のところ、ウミガメの産卵が多いことで知られる満月の夜にも関わらず、母カメの上陸が確認されず、多くの人々が申し込んでいた産卵見学ツアーが空振りに終わったこともあると聞く。子亀の放流についても同様である。「亀に会いに東海岸まで来たのに」とがっかりされる人がいるかもしれない。また、小さな子供連れの場合、夜9時以降に実施されるツアーに参加するのは難しいだろう。そのような場合は、クラブ・メッド・チェラティンに隣接する、ウミガメの保護施設「タートル・サンクチュアリ」を訪れてはいかがだろう。手作り感満載の小さな施設だが、数匹の若いアオウミガメや、子亀たちが専用プールに保護されている。また、ウミガメの生態が模型とともに丁寧に説明されており、ウミガメを理解するための教育の場としても利用されている。クラブ・メッドに隣接しているだけあり、訪れる人々は実にインターナショナル。記者が訪れた際に聞こえてきた言語は、スペイン語、ドイツ語、オランダ語。彼らは一様に子亀のプールを目にすると、「きゃ~!かわゆい~!」と各国言語で声を発し、子亀にめろめろになっていた。

 東海岸を訪れる際には、ぜひ出かけてみてはいかがだろう。

 なお、入場料は設定されておらず、入口脇に置かれたドネーション・ボックスに寄付する仕組みとなっている。                            


Cherating Turtle Sanctuary

住所
26050 Balok, Cherating, Kuantan, Pahang

電話
09-581 9087




写真
タートル・サンクチュアリ

写真
タートル・サンクチュアリ入口

写真
館内

写真
館内

写真
館内

写真
孵化の様子の模型

写真
子亀を見つめる観光客

写真
水槽を泳ぐカメ

写真
水槽を泳ぐカメ

写真
カメの赤ちゃんたち

写真
売店での売上はタートル保護費用に充当される