1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
K・K  2015年10月8日号掲載


参加者一同で直会(なおらい)を営む


 去る9月12日、13日の両日、出雲大社マレーシア講社にて秋季祖霊祭が執り行われました。

 仏教では、お彼岸にあたる3月、9月(春分の日、秋分の日を中日として前後3日を合わせた7日間)に、墓参りをすることによる先祖供養が一般とされています。ところが、神社でも先祖供養ができることはあまり知られていません。一定の年忌に際して神社で行う祭儀を祖霊祭と呼びます。また、太陽が真東から昇り、真西に沈む春分、秋分の日およびその前後は、特にご供養に適した時期として「春季祖霊祭」、「秋季祖霊祭」が催されることとなっています。

 今回、「日本に帰る機会がなかなかないため、お墓参りが出来ずに気になっていました」という方などが出雲大社マレーシア講社に集い、アットホームな雰囲気の中、祭儀ならびに直会(なおらい)が滞りなく進められました。

出雲大社マレーシア講社
Block 5, Saujana Villa, Condominium, Saujana Resort, Seksyen U2, 40150 Shah Alam, Selangor
011-1219 1410(志摩・高橋)
http://izumo-malaysia.com/




写真
祖霊祭の説明をされる郷間講長