1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Mitsuyuki Horii  2015年6月18日号掲載

 

KL第1号店はパビリオンKLで営業中
ペナンのニョニャ料理をお試しあれ

写真  マレーシアを代表する味覚の一つとして人気のニョニャ(Nyonya)料理。マレー文化と中国文化が融合した独特の風味が人気です。

 『Little Nyonya(リトル・ニョニャ)』は2008年にペナンで創業しました。以来、昔ながらの本物のニョニャの味が高い評価を受けてきました。その人気店が今年、パビリオンKL地下のフードストリートに出店されました。ニョニャ料理は手間がかかります。カレーは10種類に及ぶスパイスをブレンドして7時間煮込みます。食材や調理法によって、スパイスの配合が変わります。

新鮮さを重視
 『Little Nyonya』はアラカルトメニューやお昼のセットランチもオーダーを受けてから調理するため、「高級レストラン同等の手間ひまをかけたニョニャ料理がリーズナブルな価格で食べられる」と評判です。

おすすめメニュー
 同店のおすすめメニューは「Nyonya curry chicken」、「Rendang beef」、「Asam pedas fish fillet」です。「Asam pedas fish fillet」の酸味の効いた辛いスープは辛すぎず、食欲をそそります。

サイドディッシュ
Sambal Petai Prawn:サンバルは匂いが強めのペタイ豆と相性ピッタリ。ナシレマでお馴染みのサンバルも食材によって調合が変わり、プロウンの場合はマイルド系のアレンジです。
Golden Otak Beancurd:豆腐ではなくマレー料理のオタオタにいれる、ピリ辛魚肉ペーストをカラッと揚げたLittle Nyonyaのオリジナルレシピで、人気メニューの一つです。
Mua Yu Chicken (麻油鶏):こちらは中華系のレシピよりのひと品。ごま油(麻油)をベースにしたチキンはニョニャに古くから伝わる、滋養強壮のメニュー。昔は産後の肥立ちを良くする料理としてポピュラーだったそうです。

デザート
Bee Koh Moy:ペナンニョニャのオリジナルデザート。マレーの呼び名はBubur Pulut Hitam(黒もち米のポリッジ )です。栄養価が高い黒もち米のポリッジにココナツミルクと加えた、ヘルシーなデザートです。
Melaka Nyonya Cendol:マラッカスタイルのニョニャチェンドル。最高級のココナッツシュガー「Gula Melaka」をたっぷり使った絶品デザートです。ココナツミルクが90%、 Gula Melaka 10%がお店こだわりのレシビです。

ホワイトコーヒー
 同店ではコーヒー豆を自家焙煎しています。イポー名物のホワイトコーヒーとは異なった個性を持つ、味わい深いホワイトコーヒーです。

 


住所
LG-116 & 117 Queensbay Mall, Persiaran Bayan Indah, 11900 Bayan Lepas, Penang

電話
04-643 7496


住所
170-B1-32B, Gurney Plaza, Persiaran Gurney, 10250 Pulau Pinang

電話
04-227 0694

営業時間
10:30〜22:30


住所
Lot 1.59.00- 1.66.00 Level 1, Pavillion Kuala Lumpur, 168, Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur

電話
03-2110 5546

営業時間
11:30〜22:00

 




写真
Nyonya Curry Chicken

写真
Rendang Beef

写真
Asam Pedas Fish Fillet

写真
Sambal Petai Prawn

写真
Golden Otak Beancurd

写真
Mua Yu Chicken (麻油鶏)

写真
Bee Koh Moy

写真
Melaka Nyonya Cendol

写真
ホワイトコーヒー

 




記事