1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Mika Yatsuchi  2014年5月22日号掲載

ピックアップ  5月8日(木)、サンウェイメディカルセンター(Sunway Medical Center=SunMed)は、東南アジアで初めて、国際的な認定機関であるオーストラリア保健医療標準評議会(ACHS)より評価を受け、認定受賞式典が行われた。国際的な評価基準に基づいた多方面にわたるワールドクラスの専門医療により、高い水準の治療を受けることができる病院として認定された。

 受賞式典には、スブラマニアム保健大臣をはじめ、サンウェイグループ創設者のジェフリー・チア会長、サンウェイメディカルセンターのタン・スエ・グアンCEO、ACHSのデビッド・ロード理事及び関係者多数が出席した。デビット理事からタンCEOに認定書が授与されると、会場に集まった参加者から大きな拍手がわき起こった。また、サンウェイメディカルセンターは、今年で15周年という一つの節目を迎える。今回の受賞は、これまでの取り組みが評価され、今後さらなる飛躍をもたらす画期的なものとなった。

 式典の冒頭で挨拶したジェフリー・チア会長は、「ACHS認定を受けたことは、大変名誉あることです。今後も当院は、安心できる質の高い医療サービスを継続して患者様に提供していきます。そして一貫した医療システムにより、あらゆる側面から病気を把握し、それぞれの患者様に応じた適切な治療が行えるよう、最先端医療にも力を入れていきます。また、医療教育への献身を通して、マレーシアの医療水準向上にも積極的に尽力していきます」と今後の抱負について語った。

 認定書を授与したACHSのデビッド理事は、「同院では、大変質の高い治療が行われています。国際的な認定獲得に向けてタンCEOを筆頭に、医療スタッフが一丸となり取り組んだ成果です。それぞれケアに携わるものが、医療の質を向上させる大切さを認識し、そして継続して高い水準の医療、サービスの提供を実現させました。サンウェイメディカルセンターが、今後も我々と一緒に質の高い医療を目指し、そして安心できるケアを提供していくことに期待します」と祝福した。

オーストラリア保健医療標準評議会(ACHS)
 ACHSは、1974年に設立されて以来、医療ケアにおける質の向上に務めてきた機関。16年前に、医療の質に関する国際学会(ISQua)に認定され、国際的な認証機関としての地位を確立している。現在、オーストラリアをはじめ世界各国の1400以上の病院やヘルスケア団体が、ACHSのもと医療の質向上プログラムに参加している。


Sunway Medical Centre Sdn.Bhd

住所
No.5 Jalan Lagoon Selatan, Bandar Sunway, 47500, Selangor

電話
03-7491 9191 / 03-5566 9191
インターナショナル患者様センター佐藤ゆき 携帯電話:012-626 9567

Fax
03-7491 8181




写真
式典で挨拶するジェフリー会長

写真
認定書を授与
(左からジェフリー会長、タンCEO、スブラマニアム保健大臣、デビット理事、ラウ取締役)

写真