1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Mitsuyuki Horii  2014年7月3日号掲載

ピックアップ  KLCC近くを起点にどこまでも続くジャラン・アンパン。その終端に位置するウル・ランガットの高台はクアラルンプールを一望できる絶景で知られています。特にその夜景は素晴らしく毎夜大勢の人々が訪れます。

 以前は丘の頂上に位置する展望台やレストランが営業するルックアウト・ポイント(Kuala Lumpur Look Out Point)に観光バスの団体客もひっきりなしに到着していました。しかし残念ながら、土砂崩れの危険があるというのでルックアウト・ポイントは閉鎖中です。

 とはいっても美しい夜景は健在で、丘の中腹のちょっとした空き地が新たな夜景ポイントとなりました。そして人が集まれば市が立つのは世の習い。おみやげ屋さんやオープンエアの食堂にサテのストールなどが店を出して大変なにぎわい。週末ともなれば夜明けまでお店は営業するそうです。オススメはサテ。炭火で焼いたジューシーで柔らかいサテは、これまで食べたサテの中でもトップ3に入る美味しさです。

 KL中心部からだと約15キロメートル程度で、渋滞に巻き込まれなければ所要時間は30分程度です。ジャラン・アンパンはラッシュアワー時は大渋滞になるので、夜景を見に出かけるなら午後8時以降が安全です。ジャラン・アンパンからルックアウト・ポイント(Kuala Lumpur Look Out Point)に向かう看板が出ています。丘に登るつづら折れの道路は街灯がなく真っ暗なので、運転はくれぐれも慎重に。

 安くて美味しいサテと素晴らしいKLの夜景を同時に堪能しましょう。




写真
KLの夜景

写真
サテのストール

写真
サテのストール

写真
サテ