写真  Titiwangsa(ティティワンザ)公園を訪れた際、発見したのがこちらのストール。昼下がり、公園近くの駐車場奥に人がたくさん集まっている。人が集まる場所には何かがある!という野次馬根性で近づくと、一軒の屋台が店を出していた。

 3人のインド人が営んでいるのは、ロジャのお店だ。フルーツを混ぜ合わせたロジャとは異なり、こちらはおかず系のロジャ。揚げ豆腐にざっくりと刻んだきゅうりや大根、ゆで卵をのせ、上からロジャソースをたっぷりとかける。刻まれたピーナッツが香ばしさと食感を添え、甘く濃厚なソースにもスパイスがピッリと効いている。

 屋台の側には椅子のみが並べられ、界隈で働くスーツ姿の人や家族連れ客でほぼ満席状態だ。昼食を食べにきていた男性客は、「ここのロジャは有名だよ。彼らは年中無休でここに店を出してるから、時々ランチを食べに来るんだ。日本人がロジャを食べてるところはあんまり見ないけど、ここのはひと味違うよ。ぜひ一度試してみてほしいね」という。

 駐車場という一風変わった場所に店を構えているが、車やバイクで立ち寄るには便利なようだ。近くを通りかかったトラック運転手が、道路傍から窓越しに注文をする姿も見られる。ちょっと目立たない場所にあるが、それでも客足が絶えないのはやはり『名店』の証ではないだろうか。

インフォ♩
MAMAK ROJYAK TITIWANGSA
営業時間:午前10時~午後7時 年中無休 (※ハリラヤを除く)
取り扱いメニュー:ロジャとチャンドルのみ
場所:Titiwangsa(ティティワンザ)公園向かい駐車場の片隅




写真
こちらが人気のロジャ。
一皿RM3.8

写真
大きな鍋の中には、特製ロジャソースがいっぱい

写真
野菜がたっぷりなのは意外とヘルシー?!

写真
昼どきは大にぎわい♪