1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Mika Yatsuchi  2014年6月19日号掲載

コラム  イスラム暦の第9月は、イスラム教の開祖ムハンマドにコーランが啓示されたと伝えられている神聖な月。イスラム教徒は、コーランの教えに従いおよそ一ヶ月間、明け方のお祈りから日没までの間断食が義務づけられています。日没後、崇敬な祈りを捧げたのち、食事を口にすることができます。

 この断食を行う1ヶ月間を「ラマダン(=断食月)」といいます。今年は6月末日から、7月27日までがラマダンとなっています。(日時は変わることがあります)

 この時期は、夕方になると街のあちこちに、美味しいマレー料理を売るストールが立ち並び、1日に1度の食事を買い求めに多くの人が集まります。また、多くのホテルやレストランでは、特別料理を取り揃えた「ラマダンビュッフェ」が実施され、賑わいをみせます。