1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Mika Yatsuchi  2014年3月13日号掲載

ピックアップ 2014年は、たくさんの観光客にマレーシアを訪れてもらおうと、国をあげて様々な観光事業に力を入れています。次々に発表される取り組みの中には、時代を反映した便利で役立つものが満載。そこで今回の南国タウンでは、日本から家族や友達、大切なお客様をもてなす時や、マレーシアを旅行する予定のある方々に、おすすめできるサイトを紹介します。

KL観光の情報源は、ここを見ればバッチリ!
www.visitkl.gov.my

 連邦直轄地区省とKL市役所が運営する、クアラルンプール観光公式サイト。ウェブ用のページ『www.visitkl.gov.my』とスマートフォン用のアプリケーション(IOS, Android対応)の2つがある。 このサイト及びアプリでは、KLのおすすめ観光スポットはもちろん、期間限定のイベント情報や2500以上をこえる関連サイトがリンクされており、様々な情報を得ることができる。また、宿泊施設情報やおすすめローカルフード、レストラン、ショッピング情報など、とにかく知りたいと思うことのほとんどが、このサイト内に網羅されている。

 KLを訪れる前に、スマートフォンにアプリケーションをダウンロードしておけば、いつでももどこでも知りたい情報を得ることができる。また、グーグルマップによって簡単にお店や訪問先、周辺情報知ることができ、とっても便利。

アジア8カ国の「便利」で「お得な」特典サービスが満載
ww.welcometoasia.jp(One Asia Pass)

 アジア観光促進協議会が運営する、便利でお得なサービスや情報が満載の観光サイト。同協議会は、日本が主体となりアジア7カ国(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、韓国、台湾、インド)が、アジア地域内の活性化及び観光促進を目的として2001年に結成された。

 『『One Asia Pass』は、同サイト内から必要事項を記入した後サイン・インすると、加盟する8カ国の都市が提供する旬の観光情報やおすすめスポット(ローカルフードやレストラン、スパ、ショッピング情報など)に加え、お得なディスカウントクーポンや無料ギフトなど様々な特典サービスを受けることができる。

 旅行先に行く前に、各都市が提供しているクーポン及びキャンペーンコードを印刷し、持参する。あとは、現地でそれを提示するのみ。レンターカーが割引になったり、市内ツアーに安く参加できたりと、各都市によって様々な特典サービスを実施している。旅行先が決まったら、早速お得な情報を探してみよう!

●対象都市:クアラルンプール、ジャカルタ、ハノイ、バンコク、ソウル、台北、ジャカルタ

観光miniニュース

マレーシアで訪れてみたい場所トップ3は??

 地元紙スター(Star)がインターネット上で「訪れてみたい場所トップ3」を調査したことろ、1位:サバ州(20%)、2位:ペナン(19%) 3位:サラワク州(13%)という結果。サバ、ワラワク州は、多様な文化や豊かな自然が魅力となっているようだ。またペナンは、「フード・パラダイス(グルメ天国)」としての定評が、選ばれる理由となった。

ひとり旅しやすい都市:9位

 月間3000万人以上がアクセスして利用するといわれるソーシャルコンテンツ「バズフィード( BuzzFeed)」が、「ひとり旅しやすい都市ランキング」発表した。その中の第9位に、クアラルンプールがランクインした。1位は台北だ。

 同社はKLについて、「熱帯気候、多文化のマレーシアには多彩な手工芸品があり、低料金のホテルに泊まることができ、安くて美味しい豊富な種類の料理を味わえる。とくにブキビンタン地区は絶対訪れたい繁華街」とコメントしている。(Mika Yatsuchi)

写真
Visit KL スマホ用アプリ