1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Mika Yatsuchi  2013年8月29日号掲載

ピックアップ  KL市内、ジャラン・クチャイ(Jalan Kuchai)にある『スマッシュハウス』は、仕事や日常生活で抱えるストレスや憤りをスッキリと解消させてくれる。地元では早くも話題を呼んでいるということで、編集部員も早速体験!

 スマッシュハウスは、サムさん率いる仲間5人がそれぞれの得意分野を生かし、アイディアを出し合って誕生した新しいエンターテインメント施設だ。 全部で3つのタイプのゲームが用意されていて、自身の好きな方法を選びストレスを思う存分発散させえることができる。

①ブライトルーム 〜ミステリーBOX編〜
 このゲームは、まず始めに用意されたミステリーボックスから、好みの箱を一つ選ぶ。中にはカップや皿、花瓶などが詰められている。この箱の中に入っているすべてのものを、自由にかつ思いっきり投げて、壊すというゲーム。

 箱を選んだら身の安全を確保するため、つなぎに着替え、専用の靴に履き替える。最後にヘルメットを装着し、アトラクションルームへ移動する。

 室内には頑丈な壁が設置され、ここに向かって皿やカップを投げつける。準備が整うと、部屋中にハイテンポの音楽が響き、リズムにのりながら、次々と箱の中身を投げていく。

 最初は壊すことに少々もったいなさを感じていた編集部員も、数をこなすと楽しくなり、調子が上がってしまった。力を入れば入るほど、音を立てて破片が飛び散るので、うっかりヘルメットのゴーグルを閉め忘れないように注意しよう。壁にターゲットとする対象物を貼付けることもできるという。

■1回RM50(2回目RM45、3回目 RM40)

②ダークルーム 〜ビール瓶編〜
 こちらは、スマッシュハウス始まって以来、大好評を博している人気ゲームだ。ビール瓶の底には蛍光塗料を混ぜ込んだ液体が入っている。ビール瓶は全部で24本!真っ暗な部屋の中では、誰も見ていないので、遠慮はいらない。渾身の力を込めて壁に投げつける。

 すると、鋭い音と共に中からクリスタルに輝く液体が、花火のように全体に飛び散る。思わず「すご〜い」と感激の声が出る。

 スッキリしながら、ちょっぴり驚きを与えてくれるゲームだ。(力み過ぎると中に入っている液体をかぶることになるので注意を!)

■1回RM30 ビール瓶24本 2回目RM25 3回目 RM30

③オフィスルーム編
 扉を開けるとそこはオフィス。机にパソコンが用意された部屋の中で、好きなように機材を壊して、気分をすっきりさせるゲーム。

 こちらは仕事でストレスを抱える人向けに考え出されたゲームだという。

 『僕たちは、日々抱えているストレスを楽しみながら解消してもらいたい、という思いからスマッシュハウスを立ち上げました。居心地のいい空間を作るために、芝生のフローリングにソファ席を設け、くつろいでもらえるよう内装づくりにもこだわりました。現在、ショップに来店してくださる方の7割が20〜28歳の女性です。人間関係におけるストレスや、恋人または旦那さんに対する憤りを発散させたいという方が多いようですね。

 「僕たちは『壊すことで(破壊)、新しいものが生まれる』と考えています。粉々になった食器や瓶類などは、リサイクルに回します。そして、得られたお金は寄付というかたちで社会に還元しています」とマーケティング担当のサムさんは語る。

 9月にはジョホールバル、年内にはペナンにも新しいスマッシュハウスがオープンする予定だ。ぜひ、ストレス解消に、またはゲームを楽しむ感覚でショップに遊びに行ってみよう!すっきりした気持ちがあなたを満たしてくれるに違いない。

※ショップを訪れる前に、予約をしておこう。(写真提供:Mr. Liew )

インフォ♪
SMASH HOUSE
□住所:2-1(First Floor), Jalan Kuchai Maju 8, off Jalan Kuchai Lama 58200 Kuala Lumpur
□詳細:www.SmashHouse.asia、016-237 0450
□営業時間:正午〜午後11時(毎日)




写真

写真
ターゲットを設定

写真
壁に向かって・・・

写真
投げるっ!!

写真
ダークルーム

写真
オフィスルーム編

写真
Liewさん(左)、Samさん(中央)、Eddyさん(右)