1年以上前に更新された記事です。情報が古い可能性がありますので、注意してください。
Junko Motoyama  2012年5月24日号掲載

ピックアップ  マレーシアでマッサージを受けたことがある日本人は少なくないはずだ。だが、マレーシアには日本のようなマッサージの資格制度や教育制度がないことはあまり知られていない。まったく経験がなくてもマッサージ店で働くことが出来るので、当然、店や施術者によって技術レベルの差は大きい。そこで、マレーシアにマッサージの教育プログラムと資格制度を確立しようと奮闘しているのが、自身もマッサージ店を経営しているノリマさん(59歳)だ。

 驚くのは、ノリマさんが弱視という障がいをもっているということだ。もともと、ノリマさんはマレーシア・ブラインド・アソシエーション(MBA)でマッサージのインストラクターをしていた。だが、視覚障がい者の生徒たちにマッサージを教えても、就職は厳しい。また、海外での視覚障がい者のマッサージについての研修に参加するなかで、マレーシアの視覚障がい者のマッサージ業界の質を向上させる必要があると感じるようになったという。

 MBAに改革案を提案したが受け入れられず、ならば自らやろうとマッサージ店の経営に乗りだしたのが1995年のことだ。とはいえ、女性で弱視、しかも当時はあまり世間的に印象がいいとはいえなかったマッサージ店をオープンするのは大変で、店舗を借りることすら難しかった。苦労の末オープンしたノリマさんの店は、マレー系の商業ベースのマッサージ店としては初めてのものだったという。

 ベッド1つの小さな店舗だったが、ここで働いて稼ぎつつ、年に2〜3回中国でマッサージの短期講座に参加したりなど、さまざまな国でマッサージの勉強を続けた。そして、2004年、JICAのアジアの障がい者マッサージのプログラムに参加して沖縄に6カ月間滞在。そこで、日本のマッサージの教育制度や資格制度を知り、これをマレーシアにも確立したいと考えたという。

 JICAなどの支援を受けつつ、現在ではKL市内ラジャラウト通りのMedan MARA内、クアラルンプール国際空港LCCT、プトラジャヤ、ランカウィ国際空港にオープンした「NURI REFLEXOLOGY THERAPY」4店舗で視覚障がい者のマッサージ師を雇っている。マッサージ師の教育プログラムの確立にも着手し、サイバージャヤのカレッジで教えたり、自身でも小さなアカデミーを立ち上げたりしている。4つの店舗で働いている約20人は自身の教え子たちだ。従業員の利益最大化を目指し、現在では平均給与1000リンギ以上という視覚障がい者としては高い給与水準を保っている。

娘にも「海外で勉強してきなさい」
 ノリマさんをサポートしているのが、やはり弱視のノリマさんの娘、アズリンさん(29歳)だ。経営学を学んだが、20歳になったときにノリマさんにこう言われたという。

 「経済学を突き詰めて(盲人で経済学者の)故ダト・イスマイル・サリー博士くらいにならない限り、視覚障がい者が職を得るのは難しい。そうでなければマッサージなど手に職を付けなさい。日本か中国どちらかでマッサージの勉強をしてきなさい」

 マレーシアで日本語を教えてくれる人に出会ったこともあり、2003年から4年半、日本に滞在。筑波大学附属盲学校鍼灸手技療法科で勉強し、日本の国家資格である鍼灸師とあん摩マッサージ師の資格を取得して帰国した。現在ではノリマさんと一緒に視覚障がい者にマッサージを教え、店舗でも働いている。これまでは、「ここをこう押す、こう揉む」という実技指導が中心だった。だが、アズリンさんが日本で学んだのは、骨や筋肉の仕組みを理解したうえで、なぜここを揉むのかという理論だ。理論が分かっているのと分かっていないのとではまったく効果が異なるわけだが、アズリンさんはそういう理論も教えている。

 現在、2人は教育省と人的資源省が進めるマッサージの資格制度確立のための話合いに視覚障がい者マッサージ業界の代表者として参加している。この制度が実現すれば、マレーシアのマッサージ業界の質は劇的に変わる。

 アズリンさんは流暢な日本語で語った。

 「母はすごい人です。母がやっていることはだれでもが出来ることではない。チャレンジするべく神様に選ばれ人だと思う」。




写真
前列左3がノリマさん、右端がアズリンさん

写真
ノリマさん(左)とアズリンさん。KL市内の店舗にて