Junko Motoyama  2012年1月1日号掲載

ピックアップ  JR九州とJR西日本から外務省を通じてマレーシアのマレー鉄道公社(KTMB)に寄贈された寝台列車「ブルートレイン」が「マラヤンタイガートレイン(以下MTT)」と名前を変え、12月16日から運行を開始した。正式開業セレモニーは12月19日、コン・チョハ運輸相、中村滋駐マレーシア日本国大使が出席し、ジョホール州のJBセントラル駅で催された。

 「ブルートレイン」の愛称で親しまれていた寝台列車のうち、今回寄贈されたのは九州特急ブルートレインの「はやぶさ」と「富士」の合計14両だ。12月16日には14両とも調整を終えて一般公開されている。マレー半島東海岸のジョホールバル(ジョホール州)−トゥンパット(クランタン州)間のチケットの一般売り出しは12月19日から始まっており、KTMBのウェブサイトで空席状況の確認などができる。現在は1日あたり1便のみで、2日かけて1往復するスケジュールだが、2月以降はジョホールバルおよびトゥンパットを発車する便が毎日1便ずつ、合計2便運行される予定だ。チケットはジョホールバル−トゥンパット間で44リンギ〜150リンギに設定されている。停車駅は、クライ、クラン、グマスなど26駅だ。1列車7両編成で200人が乗車でき、年間6000人〜1万人を輸送できる。

将来的には展望デッキも

 式典のなかでコン・チョハ運輸相は「ブルートレインは40年近く運行していたとは思えないほど状態がよかったが、これは日本にきっちりと点検、保守をする文化が根付いているからだ。KTMBの職員8人が今回北海道でブルートレインを運行するための研修を受け、点検、保守の文化を学んでいる。この文化をマレーシアでも取り入れていきたい。また、国内、海外の観光客だけでなくマレーシア国民が里帰りする際にも使って欲しい」と語った。コン運輸相によると、2012年からジョホールバル−グマス間200kmを複線化する工事に取りかかる予定だが、この工事が完了するとMTTの走行時間も14時間からグッと短縮されるという。

 また、KTMBのアミヌディン・アドナンCEOは「将来的にはMTTの車両に展望デッキを設置し、ジャングルのなかを走る感覚をオープンエアの空間で楽しめるようにしたい」と展望を語った。

 MTTプロジェクトの陰の立て役者ともいえるのが、JICAから派遣された鉄道技術の専門家の荒井貞夫さんだ。半年以上MTTに関わってきた荒井さんは「1番緊張したのは2011年10月に整備を終え、静的試験に取りかかったとき。電気系統が動かなければ、照明もエアコンもトイレのシステムも動かないので、本当にドキドキした。こうして正式に運行が始まり、義務を果たせたとホッとしている。あとは、KTMBの技術者に伝えたとおり、毎日の点検と3カ月点検をしっかりやって欲しい」と感慨深そうに語った。

 式典会場には鉄道ファンのグループ「KTMレールウェイファンクラブ」のメンバーも参列していた。メンバーの1人は「子どもの時に日本でブルートレインを見て、なんてカラフルでかっこいいんだと感動した。MTTに乗車するのを楽しみにしている」と語る。チケット購入に関する問合せは日本からを含め既に数件来ているというが、日本だけでなくマレーシアでもMTTへの関心は高まっているようだ。


写真
中村大使(右)は「こういう形でマレーシアと日本の友好に貢献できたことに
びっくりすると同時にすばらしいことだと思う」とコメント。
写真左が荒井氏

写真
発車のベルを打ち鳴らすコン・チョハ運輸相

写真
「KTMレールウェイファンクラブ」のメンバー。
日本語の鉄道雑誌もチェックしているという

写真

写真
子どもたちによるマレー舞踊も披露されるなど華やかな式典だった

relevant domains . my site whois . Lifreteenkado