(15)屋台村的なフードコート「SS15アジアカフェ」

コラム  フードコートというか、ローカルのホーカーセンターの中でもここは気に入っている一つ。でもちょっと照明が暗いかな・・そんなもんだマレーシア。経済飯はもちろん、和・洋・中、マレー、インド、アラビア、ピザやパスタや、ステーキまである。 周囲には、それなりに屋台もある。手羽焼やオタオタ、またサテーの屋台まである。

 ステーキは以下の値段。安くて美味しい。でもハッキリ言っておきますぞ。好みが分かれます。もうちょっと柔かくする工夫があってもいいかなァ。
Tangy Lamp Chop・・RM16.90
New Zealand Lamp Chop・・RM14.90
N.Z Sirloin Steak・・RM17.90
N.Z Ribeye Steak・・RM17.90
N.Z Tenderloin Steak・・RM23.90

 ステーキを食べに行く時にいつも持っていくもの・醤油・濡れティッシュ・時々ポン酢。ビーフだけじゃなく、チキンもあるしサーモンステーキもあり。個人的に、ソースをかけられる前に、塩コショウだけで!と言います。

 このアジアジアカフェ(Asia Cafe)[2、Jalan SS15/8, 47500 Subang Jaya Selangor]人によりジャランアローより安く好きだという評価もある。”屋台村的”な感覚。多国籍雰囲気あり、アジアのムードあり。

 フードコートはどこでもそうだが、まずテーブルの確保。その番号を覚え+お目当てのお店に行き注文+番号を言う+料理を待つ+料理とは別に飲み物注文が来るのでドリンク頼む+ドリンクも料理も出てきたらその場でお金を払う・・・キャッシュ・オン・デリバリー。

 夜ライトのローカル雰囲気が、派手な観光地のジャランアローとはまた違う。


写真
ステーキ屋

写真
チキンウイングBBQ

写真
ナシビリヤニ(炒め料理)

写真
日本料理、タイ料理も

写真
フードコート内

2017年10月5日号掲載 マレーマン・ハリマオ