Ms Lim(リム先生)-足病医



K・K 2017年6月15日号掲載

 

足の悩みは、足病医であるリム先生へお任せください!
~足の潰瘍は早期治療が肝心です~

写真  ウオノメ、踵痛、外反母趾、巻き爪、偏平足や内股O脚などの問題解消を専門とし、無痛治療、確かな検査・分析を踏まえた処方箋インソール製作などを行う足病医。「注射や薬を用いた対処療法ではなく、また痛みを伴った治療や手術などを行わずに問題解消に向けて患者さんに寄り添うことができればと足病医を目指しました」と語るリム先生は、マレーシアで開業した最初のマレーシア人足病医です。

 本日は、糖尿病による足の潰瘍について話を伺いましたのでご紹介しましょう!

早期発見、早期治療が肝心!
 糖尿病の進行に伴い、末端神経に障害が生じます。また、足病変が生じやすく、靴ズレなどを原因とした潰瘍に発展するケースもあります。ところが、痛みを感じないため、気付いたときには潰瘍が悪化しており、切断せざるを得ない場合も生じるとのこと。「早期発見、早期治療により足の潰瘍は綺麗に治ります」とリム先生は語ります。また、「ウオノメ、巻き爪、怪我などにも気付かないまま状況が悪化するケースは多々あるため、足の状況はこまめにチェックし、違和感を覚えたら早めにご相談ください」。

 足は私たちの身体を一生支えてくれる大切な存在。足のことでお悩みの場合は決して軽視せず、患者さんに寄り添って相談にのってくださるリム先生にご一報ください。

 




写真
治療用器具を見せてくれるリム先生

写真

 




記事



K・K 2017年5月18日号掲載

 

足の悩みは、足病医であるリム先生へお任せください!
~お子さまが転びやすい?足の形状や歩行時の癖が影響している可能性があります~

写真  ウオノメ、踵痛、外反母趾、巻き爪、偏平足や内股O脚などの問題解消を専門とし、無痛治療、確かな検査・分析を踏まえた処方箋インソール製作などを行う足病医。「注射や薬を用いた対処療法ではなく、また痛みを伴った治療や手術などを行わずに問題解消に向けて患者さんに寄り添うことができればと足病医を目指しました」と語るリム先生は、マレーシアで開業した最初のマレーシア人足病医です。

 本日は、偏平足や内股O脚について話を伺いましたので、ご紹介しましょう!

早い対処で内股O脚は治ります
 お子さまが転びやすい場合、それは筋肉のつき方や歩行時の癖が影響している可能性があります。一般に「内股O脚」と呼ばれるもので、成長に伴い、学校で運動に参加できなくなる、転んだ際に大きな怪我を負うなどの状況も想定されるとリム先生は語ります。「3-4歳程度で処置を受けることで、内股O脚は完全に治ります。その年齢を超えていたとしても、ご自分で悩まず、また素人判断を行わず、お早目にご相談ください」との力強い言葉に安心します。

偏平足はうまく付き合うことが必要
 「偏平足は疲れやすいというのは本当ですか?」と尋ねたところ、「そのとおりです」とリム先生。ただし、偏平足だからとあきらめることなく、またことさら心配するのではなく、「うまく付き合う」ことが重要とのこと。「足の形は十人十色。同じ形状を持つ人はいないため、一般的な靴や既成のインソール(足底板)では解決には至りません。ぜひ専門医にご相談ください」。

 足は私たちの身体を一生支えてくれる大切な存在。足のことでお悩みの場合は決して軽視せず、患者さんに寄り添って相談にのってくださるリム先生にご一報ください。

 




写真
内股O脚

写真
偏平足

写真
リム先生

 




記事



K・K 2017年5月7日号掲載

 

足の悩みは、足病医であるリム先生へお任せください!
~痛くないウオノメ治療!~

写真

足病医とは?
 足や足首の専門医である「足病医」をご存知ですか?ウオノメ、踵痛、外反母趾、巻き爪、偏平足や内股O脚などの問題解消を専門とする医師で、アメリカやオーストラリアではすっかり定着し、認知されている専門医です。

マレーシアで活躍するマレーシア人最初の足病医
 トロピカーナ・メディカルセンターならびにサンウェイ・メディカル・センターで診療を行うリム先生は、オーストラリアでポディアトリック・ドクターの資格を得、マレーシアで開業した最初のマレーシア人足病医です!

痛みを伴わないウオノメ治療
 ウオノメに長年悩む記者、塗り薬をつけては除去する年月の繰り返しでした。常に同じ場所に発生し、その数も増えていく彼らに辟易としてはいましたが、治療後に歩くのが困難なほどの痛みを伴う治療だと知人から聞いていたため、病院へ行くのをためらっていました。ところが!「足病医によるウオノメ治療は痛くありません。また除去自体はとっても簡単。大切なのは繰り返させないことです」とリム先生。ウオノメの原因は2つ、①歩行方法や筋肉のつき方などにより、足の裏の一部に圧力が集中することにより生じる場合、②細菌に感染している場合、と考えられています。まずは専門医にいずれの原因かを適切に診断してもらい、それに応じた治療ならびに繰り返さないためのアドバイスを受けることが肝心との説明に深く納得します。

無痛の治療体験〜歩行のバランスが変わった!〜
 では実際に記者のウオノメを見てもらうことに。「3つありますね。圧力により生じているパターンです」との診断で、何やら機材を手に早速治療を開始しようとする先生。怖気づいていると、「大丈夫ですよ、痛くありませんから♪」とニッコリ。笑顔でゆっくり治療を続けてくださる先生に、全身の力も抜けすっかりリラックス。数分後、「すべて取り終えました。靴を履いて歩いてみてください」との声に、「えっ!?もう?本当に痛くなかった!」とホッと胸をなで下ろしながら靴を履いて歩いてみると、「うわっ!」と思わず声を上げます。ウオノメを含む皮膚の硬化部分をすべて取り除いてもらったことで、とっても気持ちよく歩きやすい!!!どうやら痛むウオノメや硬化した部分を庇うように、無理なバランスで長年歩行していたようです。さらに「あなたの足、歩行には、折り畳むことのできない硬めの靴底で、踵をホールドするタイプのものが合っています。今の靴では問題を繰り返してしまいますよ」とのアドバイスに「なるほど〜」。

 「注射や薬を用いた対処療法ではなく、また痛みを伴った治療や手術などを行わずに問題解消に向けて患者さんに寄り添うことができればと足病医を目指しました」と語るリム先生。その他、速やかな対処が必要な症状などもあるとの先生の言葉に気が引き締まります。歩くたびに踵が痛い、転びやすい、子どもの偏平足や内股が気になるなど、足のことでお悩みの場合は、ご自分で悩まず、まずはリム先生にご相談ください。

 




写真
足の状況をチェック
「細菌性のウオノメではありません。早速治療しましょう」

写真
本当に痛くない!
リム先生のウオノメ治療です

写真
リム先生

写真
サンウェイメディカルセンターのリム先生の診察室

 




記事



 


Tropicana Medical Centre
場所:11, Jalan Teknologi PJU 5, Kota Damansara, 47810 Petaling Jaya, Selangor
電話:03-6287 1046


Sunway Medical Centre
住所:Jalan Lagoon Selatan, Bandar Sunway, 46150 Petaling Jaya, Selangor
電話:03-7491 1101


Eメール
footdoctorpodiatry@gmail.com
ウェブサイト
www.footdoctorpodiatry.com






関連記事