天然染料を用いたバティック・アート展

イベント情報  ただ今、ザ・クアラルンプール・ジャーナル(ホテル)のギャラリーでは、マレーシアに自生する天然植物を用いて染色されたバティック・アート展を開催中です。

 マレーシアでは現在、エコ・フレンドリーならびに持続可能性をテーマに、マレーシア古来の草木を用いた天然染を蘇らせ、普及することを目的に、5年間に渡る調査研究プロジェクトがスタートしており、今回のアート展はその第2フェーズとしての発表展示会と位置付けられています。

 赤、紫、オレンジ、グレー、黒など、天然草木染とは思えない鮮やかさが特徴のバティック染めをぜひお楽しみください。


日時
3月19日(日)まで、10:00am〜8:00pm

場所
The Gallery, The Kuala Lumpur Journal

問い合わせ
03 2284 6228(国際交流基金クアラルンプール)


写真
インディゴ、ブラジル木、マンゴーの葉で染色されたバティック

写真
ブラジル木、インディゴ、マンゴーの葉、ビンロウの実で染付されたバティック

写真
ブラジル木で染色されたバティック布地

写真
染色過程