「日本人の皆さん、ぜひお試しください」 スパイス専門店オーナー ファズリー・オマーさん

ピックアップ  品質や素材にこだわるスーパーやマレーシア国内のホテル・レストランへ卸売を行い、日本や海外にも最近では輸出を始めたという、小さなこだわりのスパイス専門店がダマンサラ・ウタマに居を構えている。その名はShaury’s(シャウリーズ)。友人の勧めで訪れたその卸売店で、品質の高いスパイスとは何かを初めて知ることとなった。

世界でもっとも品質の高いスパイスたち〜糖尿病に効くスパイスも発見!〜
 大きなシナモンスティックに目を丸くしていると、「これは世界一品質の高い、スリランカ産のシナモンですよ。大変ソフトで、指で簡単に崩すことができるのが特徴です」と、丁寧かつ紳士的に説明をしてくれたのはファズリー・オマー氏。品質の良いスパイスを目利きするショップには欠かせない存在の彼はシェフであり、テイラーズ・カレッジのシェフ養成講座で授業も受け持っているという。「こちらはやはり最も高品質のアニス(八角)、ベトナム産です。中華料理には欠かせない食材ですが、本場の中国産を遥かに凌駕する一品です」と、次々に「世界一のスパイス」を披露するオマー氏。普段目にするスパイスとは、色、形、大きさ、香りなど、すべてが素人目にも明らかに異なる。「良質のスパイスは薬としても使用可能です。つまり、この店で扱うスパイスはすべて薬のようなものですよ。例えば、このスリランカ産のシナモンを粉末を1日1回小さじ1杯朝に摂取すると、糖尿病に良いとされています。薬ですからね、容量を守らなければなりません」。

家庭で簡単に料理に取り入れることのできる品々
 スパイスを日本人が使いこなすのはなかなか難しい。そこで「簡単に家庭で取り入れることのできるスパイスはありますか?」と尋ねたところ、様々なミックススパイスを紹介してくれた。チキンにまぶしてそのままフライ、またはグリルするだけのチキン・シーズニング、プロの味を再現可能なタンドーリ用のタンドーリ・ミックス、ラム用ミックスなどなど。そして記者が読者のみなさまに是非ともご紹介したいのは“スモーク・パプリカ”。「鶏に軽く塩をふり、こちらをまぶして焼くだけで、炭火焼したようなヤキトリが作れますよ」とシェフ。早速購入してその晩試してみた。グリルで焼いている段階から、確かに“炭火焼風”の良い香りが家中に充満して、出来上がりが待ち遠しい。いよいよ焼き上がった一品をその場で試すと「まさに激ウマ!!!」。「焼き鳥」と呼べる味かどうかはさておき、ご家庭で新たな人気料理のレパートリーが増えることは確実だ!

「日本人のみなさん、白胡椒や黒胡椒以外の優れたスパイスをぜひお試しください!」
 日本人に人気のサラワク産の白胡椒、黒胡椒ももちろんラインナップ。実は白胡椒と黒胡椒は同じ実からできていることはご存知だろうか。黒胡椒は緑色の若いうちに摘み乾燥させたもので、白胡椒は赤くなるまで熟すのを待って摘み、水に1種間程度浸して皮を取り除き乾燥させたものである。こちらの店で扱う白胡椒は、サラワクおよびジョホールの清流にさらされ、川の流れによって自然に皮が取り除かれた真ん丸に粒のそろった逸品だ。まさに極上の胡椒と言える。ところがオマー氏は次のように語る。「時折、日本人のお客様がお見えになりますが、購入されるのは決まってマレーシア産の白胡椒と黒胡椒。他に目を向けてくださるお客様は極めて稀です。マレーシアにおられる今こそ、ぜひ他のスパイスをお試しください。そしてぜひ最高品質の品を試し、その素晴らしさを知っていただきたいと思います」。 


住所
Shaury’s(Shaury Spices SDN.BHD)
No.31, Jalan SS21/60, Damansara Utama, 47400 Petaling Jaya, Selangor

電話
03-7727 7080




写真
こちらが一般的なシナモン

写真
最高品質のスリランカ産シナモン

写真
ベトナム産の八角

写真
ブラック・カルダモン

写真
チキン・シーズニング

写真
ラム肉用のミックス・スパイス

写真
タンドーリ用シーズニング(タンドーリマサラ)

写真
超オススメのスモークパプリカ

写真
サラワク産の白胡椒

写真
サラワク産の黒胡椒

写真
店内で販売しているすべての胡椒とレモンの皮をミックスしたシーズニング

写真
スーパーで売られるスパイスの瓶詰

写真
スーパーで売られるスパイスの瓶詰

写真
シェフのファズリー・オマー氏。
「店内のスパイス瓶には、味や品質を変化させる乾燥剤を入れていません。
そのため、スパイスが固まらないよう、
スタッフは常に瓶内をかきまぜ、空気を含ませています」

写真
清潔でスッキリした店内

写真
お店のトレードマーク

写真
お店の入口