Ra-men Bankara(ラーメンばんから)-ラーメン

 

必食の角煮をひっさげ、ミッドバレーに
“ラーメンばんから”見参!

写真  ラーメン激戦区の池袋に本店を持ち、長年の人気を誇るラーメン店「ばんから」。満を持して2014年にマレーシア上陸。Avenue K店に続き、ミッドバレー店がこの度オープン、早速お邪魔しました!

必食!驚愕の角煮
 当店おすすめメニューの“角煮ばんから”。シグニチャースープである豚骨醤油に新鮮な背脂が麺にからむ“ばんから”ラーメン、その上に弧を描くように角煮がドン!では、まずはスープを一口、「濃厚!しかし臭みがない」。続いて麺は「しっかりスープをまとってコシがあり美味」。豚骨スープによくある癖のある臭みがありません。さあ、いよいよ角煮をいただきます。「あ・・・・・」と絶句。旨い~!旨すぎます!角煮好きの我が一家。日本では角煮の旨い店を結構食べ歩きました。過去食べた角煮の数々が頭に浮かび、脳内ランキングがシャッフルし始めます。とある和食割烹(新宿早稲田 残念ながら閉店)が不動の1位を微動だにしないものの、こちらの角煮は堂々の2位!現存するお店としては間違いなくトップの旨さ。加熱方法を誤ると豚の赤味が縮み堅くなるところ、その兆候は見受けられません。下処理、丁寧な手順による加熱、調味が行われていることが窺われます。とにかく旨いこちらの角煮!豚肉好きの皆さん、角煮好きの皆さん、必食です!

スープは5種類、麺は4種類
 ミルキーホワイトの豚骨スープ、シグニチャーの豚骨醤油、クラシックなお味の味噌スープ、コクがあるのにあっさりとした女性好みの塩スープ、そしてつけ麺用スープと、スープは5種類をご用意。麺は4種類で、豚骨スープにマッチする極細タイプ、豚骨醤油にうまくからむ新細麺、味噌と塩には中太麺、つけ麺には太麺と、それぞれのスープの個性に合わせて提供されます。どの組み合わせも魅力的で、オーダーするまでに時間がかかることは否めません。

手を抜かないサイドディッシュ
 こちらの唐揚げ、角煮同様の激ウマです。サックリとクリスピーな衣に柔らかいお肉、というと通り一遍な表現ですが、「これこそがサックリ衣と柔らかいお肉です」と声を大にしてお伝えしたい!お味はこれまた良い塩梅。下味、下処理が完璧に施され、手間を惜しまず作られた一品です。ホウレンソウのお浸しは茹で具合が絶妙で、堅すぎず、柔らかすぎず、理想的な火加減で作られていることがわかります。人気メニューの一つである杏仁豆腐は、ゼラチンを用いず甘さ控えめ、心と体に嬉しいデザートです。サイドディッシュに至るまで、一つ一つの品にきちんと丁寧に向かい合うシェフの姿が容易に想像されます。

餃子は1月からメニューに加わります
 「ミッドバレー店は平日、休日に関わらず、終日大勢のお客様がお越しくださいます。混雑時にお越しになるお客様に対しても、一つ一つのメニューのクオリティを下げずにご提供することをモットーとしているため、ばんからのメニューをすべて展開することは控えざるを得ません。またクオリティを重視するということはコストを気にしないということでもあります。われわれはあくまでもクオリティ重視の姿勢を貫きます」と、マレーシア店舗を一手に担うマネージャーのパクさんは力強く語ります。「ようやく質を下げずにご提供できるまでにスタッフ一同が慣れてまいりましたので、皆様お待ちかねの餃子は1月からメニューに加わります。どうぞお楽しみに」。

 実は、現在の池袋本店にかつて通っていた記者。かれこれ15年前になるでしょうか。1時間、2時間待ちもなんのその、愛読書を片手に列に並び、一杯の“ばんから”のために労を惜しまなかった月日が懐かしく思い出されます。この度縁あってミッドバレー店を訪れ、ばんからが長年に渡り日本で愛されてきた理由が改めてよくわかりました。 スタッフ一同の心意気が“男前”で、その名の通り、まさに“ばんから”。ぜひお越しください!

 


Avenue K

住所
Lot 2-7, Level 2, Avenue K

電話
03-2181 8618


Mid Valley

住所
T-028, Level 3, Mid Valley

電話
03-2201 8618

 




写真
角煮ばんから。
角煮だけではなく、半熟煮卵、チャーシューも美味♪

写真
極上の塩を用いた塩ラーメン。
甘さすら感じる絶品の塩スープを堪能できます

写真
塩ラーメンのつやぴか中太麺。
美味しそう!

写真
左から絶品の角煮、ホウレンソウのお浸し、激ウマの唐揚げ。
角煮はこのように別皿でも注文可能

写真
各テーブルに設けられた生ニンニク、紅ショウガ、そしてニンニク絞り。
ばんからはこれでなくちゃ

写真
杏仁豆腐。一度食べるとヤミツキ間違いなし

写真
平日午後3時、満席の店内

写真
「一撃必達豚骨ラーメン」店内に掲げられた気合いの書。
ラーメン道をまっしぐら!

写真
ミッドバレー店入口

 




記事





関連記事