Bombay Palace(ボンベイパレス)-インド料理



K・K 2017年4月27日号掲載

 

このレストランを試さずしてインド料理を語るなかれ
〜極上の北インド料理レストラン ボンベイ・パレス〜

写真  あらゆる国の料理を楽しむことができる料理天国マレーシア。しかし、ジャンルを超えて最高といえるレストランにお目にかかるのは極めて稀。ボンベイ・パレスは、「マレーシア在住で良かった」と幸せを満喫できる、まさに奇跡のレストラン!「インド料理は苦手」、「子どもが食べるものがなくて」とおっしゃる皆さまにもぜひ訪れていただきたい、極上のレストランです。

気品あふれ、アットホームなおもてなしのボンベイ・パレスで極上の北インド料理を!
 ボンベイ・パレスでは、マイルド&リッチ、すべて辛さ控えめの北インド料理を提供。20年以上に渡り、数々の評価機関より「ベストインド料理レストラン」と表彰され続けているとおり、“単なる北インド料理レストラン”と片付けることはできません。また店内は、極上の料理を提供するにふさわしい気品溢れる店構え。それにも関わらず、小さなお子さま連れもウェルカムなアットホームなおもてなし。素材の美味しさの際立つ最高級の料理を心ゆくまでご堪能いただきます。

❶パレス・プラッター(前菜盛り合わせ)
定番のフィンガー・チキン、ファラエル、サモサもパレスならではの美味しさ。鶏肉の和え物(写真左)は絶品です。
❷タンドーリ盛り合わせ
下味を施し一晩熟成させた各種素材を、タンドール(壺釜)で炭火焼したタンドーリ盛り合わせは、まさに極上!火の通り具合は職人技、芳醇なウマミを持つふんわり柔らかなタンドーリは唯一無二。ヌラニカバブ(アーモンドミルクとクリームでマリネ)とフレッシュな香菜の薫るシシカバブはぜひお試しを!
❸ガーリック・ナン
見事なまでの完成形!薄焼きでクリスピー、子どもも夢中になって食べるガーリック・ナンの美味しさは、まさに“本物”。
❹バター・チキンカレー
日本人にファンの多いバター・チキンカレー。パレスのバター・チキンカレーは、炭火焼チキンの薫りがアクセントとなり、際立つ美味しさです。
❺パラク・パニール(ほうれん草とフレッシュチーズのカレー)
農場直送のフレッシュミルクを用いたシェフ手作りの新鮮カッテージチーズと、ほうれん草のカレー。パレスの品は超極上、比肩するものはありません。
❻プロウン・マサラ(海老のカレー)
最高品質の海老を、最高のシェフが料理すると、とにもかくにも海老の甘さが際立つ、火加減最高のひと品に仕上がります。
❼ビリアニのミントヨーグルト添え
生姜がキリリと味を引き締めるミントヨーグルトとともにいただくビリアニは新しい味わいです。
❽マンゴー・ラッシー
マンゴーの王様“アルフォンソ・マンゴー”を用いたマンゴー・ラッシー。パレスのラッシーは一線を画した美味しさです。
❾インディアン・アイスクリーム
エディブル・シルバーの光るこちらのアイスクリーム。食感は極上のシャーベット、カルダモンとサフラン、リッチなクリームが口の中でハーモニーを醸し出す絶品です。
➓チャイ(マサラティー)
豊富な茶葉を用いた濃厚なチャイは、砂糖を一切加えていないところが“さすがパレス!”です。

豆知識 ~インド料理の違い~
 大きな国土を持つインドでは、ヒマラヤから南部海岸地域に至るまで、料理の特徴は大きく異なります。気候、文化、歴史を踏まえ、世代とともに現代の料理スタイルへと変遷。現在では、小麦と酪農製品を主とするマイルドで芳醇な北部料理、米や魚介類を中心に展開する刺激的な辛さを持つ南部料理に大別されています。

 




写真
❶パレス・プラッター(前菜盛り合わせ)

写真
❷タンドーリ盛り合わせ

写真
❸ガーリック・ナン

写真
❹バター・チキンカレー

写真
❺パラク・パニール(ほうれん草とフレッシュチーズのカレー)

写真
❻プロウン・マサラ(海老のカレー)

写真
❼ビリアニのミントヨーグルト添え

写真
❽マンゴー・ラッシー

写真
❾インディアン・アイスクリーム

写真
➓チャイ(マサラティー)

写真
最高級北インド料理がずらり

写真
チリ、ライム、トマト、ニンジン、ミント、マンゴーのピクルス類
(マンゴーチャツネ以外はすべてサービスです)

写真
クラシックながら居心地の良い店内

写真
最高級レストランであることを示す、数多くのアワードを受賞

写真
店内でのみお買い求めいただけるボンベイパレスのレシピ本

写真
レストラン入口

 




記事



Mika Yatsuchi 2015年4月30日号掲載

 

本場の味をマレーシアに
北インド料理の名店「ボンベイ・パレス(Bombay Palace)」

写真  ジャラン・トゥンラザク通りにあったインド料理の名店「ボンベイ・パレス(Bombay Palace)」が、昨年末にKLの中心地、ジャラン・スルタン・イスマイルにあるライフ・センター(Life Centre)内へと移転しました。移転後も変わらず、高級感のある宮殿のような店内で、インド人シェフが腕を振るう本格的なインド料理が楽しめます。

 北インド料理は、南インド料理に比べて辛さが控えめ。カレーにも生クリームやヨーグルト、カシュナッツペーストを加えているためコクがあり、日本人にも親しみやすい。また、ナンをはじめ、クルチャやパラタなど、北インドならではのパンの種類も豊富です。

スパイスをふんだんに使った本格カレー
 カレーは、チキンやラム、魚介、ベジタリアンと、それぞれの食材に応じて使うスパイスも異なるため、見た目もカラフルで、その味もバラエティーに富んでいます。「バター・チキンカレー」やほうれん草と手作りカッテージチーズ(バニール)を使った「サーグ・パニールカレー」は、辛さが控えめで濃厚な味わいが日本人にも人気。少し刺激的なカレーを試してみたい方には、「プロウン・マサラカレー」がおすすめです。

カレーにおすすめのパン&ライス
 ナンは、最もよく知られたインドのパンですが、それ以外にもいろんな種類のパンがあります。丸い形をした「クルチャ」や、何層にも層が重なりサクッとした食感が楽しめる「パラタ」なども北インドを代表するパンです。ライスメニューでは、バスマティライスと呼ばれる香り豊かな長粒米を使用した「サフランライス」や、フルーティーな香りが漂う「チキンビリヤニ」は、カレーにもよく合います。

こだわりのドリンク&スイーツ
名物ドリンク! 「マンゴーラッシー」
インド産のアルフォンソマンゴーを使用し、自家製ヨーグルトと一緒にラッシーに。フレッシュなマンゴーの香りと、ナチュラルな甘みがそのまま生かされています。
新感覚のアイスクリーム 「ライス・クルフィ」
 米を使用したインドのアイス。サフランで色づけし、つぶつぶピスタチオがミックスされてます。

 




写真
カレー各種

写真
タンドリーチキン

写真
サフランライス

写真
カシリミナン

写真
特大サイズのナン!

写真
自家製ソース&ピクルス

写真
マンゴーラッシー

写真
ライス・クルフィ

写真

 




記事



 


住所
Life Centre, M-03A, Mezzanine Floor, 20, Jalan Sultan Ismail, 50250 KL

電話
03-2171 7220 / 7221

ウェブサイト
www.bombaypalacerestaurantkl.com/






関連記事